美容情報

美容整形の効果の持続期間について


美容整形には効果が半永久的なものと、一定期間しか続かないものがあります。一定期間だけ効果がある美容整形に関しては、放置すると何年か経てば元に戻ります。代表的な施術はヒアルロン酸注射と二重埋没法です。ヒアルロン酸は注入しても少しずつ体内に吸収されます。鼻を高くしたりシワを消したり、豊胸にも使われますが、効果を持続させるためには定期的に注射を受けなければなりません。


効果は短いですが、メスを使わないので多くの人が選択する施術です。同じように二重まぶた埋没法もメジャーな施術ですが、まぶたを切って縫い合わせて作る方法ではないので、糸が切れたりほどけることで二重のラインは消えてしまいます。二重幅をかなり広く設定したり、まぶたが厚い人や目をよくこする人は元に戻りやすいです。


施術が複雑になりますが、糸を留める場所を2ヶ所?3ヶ所に増やすことで効果を長続きさせることは可能です。元に戻ると、それまでの施術で使った糸がまぶたの内側に留まります。まぶたには負担がかかるので、埋没法は3回?4回までしかできません。まぶたが厚くて二重幅を広くしたいと考えている人は、埋没法よりも切開法を受ける方が効果が続きまぶたへの負担を回避できます。


さらに半永久的に効果が続く施術でも、老化によって形が崩れることはあります。例えばフェイスリフトでシワを目立たなくさせても、年をとれば自然と顔がたるんでしまうのでほうれい線などが強調されるようになります。この場合は再びフェイスリフトを行ってたるみを解消し若々しく見せるのが一般的です。フェイスリフトを受けていると、そうでない人と比べればたるみなどの老化現象が起こりにくいです。


美容整形をした人は若い見た目から老化しますが、施術を受けていないと年相応の状態から老化するためです。メンテナンスによっては最初に受けた施術とは違った方法を選択することもあるため、医師とよく話し合って決めるのが良いです。